雨漏りが気になったので屋根をリフォームしました

祖父母の代から住んでいる我が家。生活しやすいように、ちょこちょことリフォームをしながら住んでいます。築50年以上だったので、色々なところの修理が必要になってきていました。その中でも、屋根の雨漏りです。最初の頃は、大雨の時だけ気になっていたんですが、次第に、小さな雨でも雨漏りが気になるようになったので、リフォーム会社を探すことにしました。我が家では、ネットで検索して、自宅の周囲のリフォーム会社を数件ピックアップして、予算、見積もりを出してもらいました。その中で、すぐに着工してくれる会社で安いところを選びました。

我が家の屋根は、瓦屋根でしたので、瓦を外してのリフォームになりますので、それなりの工事になりました。雨漏りの箇所だけをやろうと思っていたのですが、東日本大震災の後だったこともあり、リフォーム業者の方と相談して、雨漏りの箇所だけではなく、火災保険を使って屋根全体の修理をしていただくことになりました。また、瓦屋根からストレートタイプの屋根への変更もしました。瓦よりも、家への負担が少ないそうです。

屋根の雨漏りだけの修理ですと、10万円程で済んだようですけど、屋根全体を変えてしまったのもありますので、150万円程かかってしまいました。屋根も、瓦屋根だったので、雨漏りだけの修理でも、最近流行りのストレート屋根に比べると、少し高い料金がかかるそうです。

他の人に言うと、最初は雨漏りだけの修理だったのに、実際は屋根全体のリフォームになってしまったので、詐欺じゃないの?騙されたのではないか?などと言われてしまうこともありますけど、老朽化していたこともありますし、業者の方ともしっかりと話合いをしてのリフォームだったので、満足いくリフォームでした。期間は、足場を作るところから、全て終わるまで2週間程かかってしまいました。雨漏りする箇所をしっかりと直すことも出来ましたので、良かったです。リフォームの相場は、住んでいる場所や、家の状態でも変化してくると思うのですが、最近では、ネットなどですぐに検索も出来ます。一括で見積もりを出してくれるサイトもあるようなので、それらを利用するのも便利かと思いますが、我が家では、自宅近辺のリフォーム会社に依頼したかったので、それらを利用することはありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました